Letztes Feedback

Meta





 

ムリゲーすぎるリセット人

けて離れていたイルマタルが戻ってきた重みである。  そして今日もまた自分の上に重みを感じるアルフィリース。アルフィリースが反射的に「イル、毛布はかけなさい」と引き寄せようとすると、随分とその体が大きな気がした。 「あれ? イルにしては大きい」財布 レディース 人気 「あるふぃ」  アルフィリースが眼を開けると、そこにはエメラルドが裸でアルフィリースの懐に潜り込んでいるのだった。 ピレボスにて、その6~災難?~ 「へ?」  さしも寝起きの悪いアルフィリースも一瞬で覚醒し、我が目を疑った。なぜエメラルドが自分の懐に、生まれたままの姿でいるのか。だが問いただそうにも、アルフィリースには彼女の言葉がわからない。 「ど、どうしよう」 「あるふぃ」  エメラルドはアルフィリースの名前だけは必死で覚えたのか、小さな声でそっと呟いている。眼が暗闇に慣れてくると、エメラルドの緑の瞳が潤んでいるのがよくわかった。何かに怯えるように、しかし意を決した目。名前の通り、宝石と同じ色輝きを持った緑の眼が二つ、アルフィリースを見上げていた。 「(どうしよう、これは可愛いわ。うーん、少しぐらいならは! だめだめ、私ったら何を考えて?)」財布 miumiu  アルフィリースが惑ったのも、あるいは無理もない事かもしれない。そのくらいエメラルドの容貌は魅力的だった。アルフィリースは知らないことだが、翼人族やハルピュイアの羽に抱かれて眠る者は、史上最高の眠り、もしくは天にも昇る心地を得ると伝えられる。ラーナなどの淫魔は魔術や自分の体液で人を幻惑するが、エメラルドの翼からもまた、一種の幻惑をきたす効力のある何かが出ているのだ。アルフィリースが男ならば、一瞬で誘惑に負けてエメラルドを押し倒していることだろう。  一方エメラルドは、結婚した夫婦が初夜にすべきことを忠実に守っているのだが、どうすればよいのかまではわかっていない。最初はアルフィリースに任せればいいと思っていたが、アルフィリースがいつまでたっても動かないので、自分から何かしようと試みる。そして、 「あふあっ!?」  アルフィリースが小さくだが、やや間の抜けたな声を上げた。エメラルドがアルフィリースの下着を脱がしにかかったのだ。幸いにもアルフィリースは一番奥まったところで寝ており、他の者は気づいていないのか、誰も反応しない。それは幸か不幸か。 「ちょっと、エメラルド。だめよっ」 「あるふぃ」  だがエメラルドにしろ、相応の覚悟でアルフィリースの寝床に来ているのである。何もしないで帰るなど、考えてはいなかった。とりあえずは自分と同じようにアルフィリースも裸にすればいいと、エメラルドは手を動かす。体に見合わず強い腕力は、アルフィリースが多少の抵抗をしたくらいでは止まるべくもなかった。 「(ちょ、ちょっと、ちょっと。これはまずいわ! 私までなんだか変な気分になってきちゃう!)」  暗闇の中、エメラルドの白い羽と、緑の瞳の身が浮かび上がる。そしてそれらをつなぐように、白い肌と、エメラルドの少し熱っぽい吐息が聞こえ、アルフィリースは妙な気分になってきていた。 「(ど、どうしようなんとかしないと、本当に一線を踏み越えちゃう。えーい、ままよ!)」  アルフィリースは自分の秘部に届きかけたエメラルドの手をぐいと力づくで離し、そのままエメラルドを力づくで抱きしめた。腕 http://www.myxnsm.com

9.10.13 10:01

Werbung


bisher 0 Kommentar(e)     TrackBack-URL

Name:
Email:
Website:
E-Mail bei weiteren Kommentaren
Informationen speichern (Cookie)


 Smileys einfügen