Letztes Feedback

Meta





 

五輪真弓さん、別れの歌が

無茶苦茶な要求を押し付けられて、馬鹿にされて、負け犬みたいに帰ってきた。 「ごめん、一人で行きたいなんて言って」 「儂らの誰かが同行しておれば、その場は血の海になっておった可能性もありますから、全ての結果が悪いことばかりでもありますまい。そうお気になさらず」 「若様は悪くありませんわ!」  僕を慰めようとする巴の言葉に澪が反論を挟む。ナイキ  いや、どう考えても僕の対応がまずかっただろう。 「思えば我々には商いに通じた者など、おりません。皆が素人から始めているようなもの。レンブラント氏から商売に慣れた者を紹介してもらって基本から教わるなど、やりようはあったのかもしれません」  かもしれません、じゃない。  そうするべきだった。  それ以前に僕自身が商売を始めたと言うのに、あれこれと手を出して商売の事を疎かにしていた。  実際商売はそれでも上手くいっていた。  いや、そう見えた。  だから余計に僕も油断したんだ。  今更、とも言うけど反省する。 「識、お前まで! どうして若様が落ち込まれなくてはいけないのですか! 大体、若様は呪病や行き届かぬ薬の不足の所為で容易く命が奪われてしまう事を憂いて、薬を行き渡らせる事を志されたのでしょう!? 何故他の商人どもに恨まれないように立ち回る処世術など覚える必要があるのですか! 皆にとって良い事をしようとしているのに、どうして! こんなのはおかしいではないですか!」  どこまでも僕を庇おうとする澪の言葉が心に染みる。  そうだ。  僕は、薬を安く皆に行き渡るようにしたかった。  その為に国とか関係なく、広く商売をしたかった。  付随して色んな雑貨を扱うようにもなっているけど、それはおまけだ。  良い事をする。  その考えが心のどこかにあったから、僕は売る相手しか見ようとしていなかったんだろうか。  同業者の事は精々、価格で無茶をしないようにとか、コピーや転売にどの程度対策しようとか、その程度の事しかしていない。  実際、その価格ですらどうだろうか。全てを自前で採取して技術を必要とする調合で赤字にギリギリならない位。  これは、適正の範囲内か?  恐らく、違う。  亜人の従業員について失礼な指摘をされてから、地域の商人の集まりにも顔を出していない。  最近はアクアやエリス、それにエルドワの職人もそれなりにヒューマンと付き合いを持つようになってきた。でも、だからと言って僕自身が周囲の商人と摩擦を起こさずにいられたと思うのは、間違いだったんだろう。nike スニーカー 通販  付き合いの放棄は、クズノハ商会の印象をより不気味にしただけだったとも考えられる。  良い事を心がけようと、商売は商売。  そこには当然競争がある。  客層が重なる相手を排除しようとする者はいるし、目立った事をすれば大きな商会に目をつけられる。  僕はその時の対処方法が無いまま今日まで過ごしてしまった。  睨まれる端から消していけば良いなんて、流石に命令できなかったし。  ツィーゲならいざ知らず、ロッツガルドでは僕に後ろ盾などない。  それはつまり、無防備だと言う事だ。 「澪、それは綺麗事じゃ。タダで配るでもなく、あくまで商売でやっている以上はこういう事にもなる。若がまったく悪いとは言わんが、些か無防備であった事は認めざるをえんよ」 「……私も、同意見です。勿論、私がもっと上手く立ち回るべきであった事は確か。申し訳の仕様もありませんが」 「っ!! どうかしてますわ貴方達は! 若様は絶対なのに! 愚かなのは目先の欲しか見ていない商人どもでしょうに!」  澪は http://www.shoessrestion.com

10.9.13 09:54

Werbung


bisher 0 Kommentar(e)     TrackBack-URL

Name:
Email:
Website:
E-Mail bei weiteren Kommentaren
Informationen speichern (Cookie)


 Smileys einfügen