Letztes Feedback

Meta





 

石嶺中が初優勝県ユースサ

メンズ 腕時計 ブランド 「うわ、うわぁ」 「なんだこりゃ。どこにこんな奴らが隠れていたっていうんだよ?」 「あの建物でしょうね。ですが明らかに建物と体積が合わない気もしますが」 「馬鹿な、こんな連中はどこにもいなかった! あの建物も封鎖されたのはつい最近だ。まだ一月にもなっていない!」  かけつけてきたエブデンが金切声をあげた。冷静な男だとアルフィリース達は思っていたが、さすがに事態が彼の許容を超えたか。エブデンは取り乱していた。  冷静に問いかけたのはアルフィリース。 「あそこを占拠したのは、結局誰なの?」 「グランツ様だ」 「ファイファーもあそこにいるの?」 「知らぬ!」 「いや、いるだろう」  エブデンの代わりに応えたのはオズドバだった。彼もまたただならぬ事態にかけつけていたのだ。だが彼は年の功か、エブデンほど焦ってはいなかった。あるいは展開のすさまじさに、頭がついていっていないのか。どちらにしろ、オズドバはいつもと変わらぬ風に装っていた。 「あの区画に立ち入らぬように予め命じたのはファイファー様だ。それに昨晩の夜襲の折、あの方はお忍びでこの砦に赴いていた。今もあそこにいらっしゃるだろう」 「貴方達は何を隠しているの?」 「それは本当に私も知らないのだ。所詮田舎育ちの成り上がり指揮官というわけさ、私には何も肝心なことは知らされていないのだ」  オズドバは悲しいでもなく、さりとて怒るでもなく答えた。アルフィリースは直感した。このオズドバも、本当に何も知らされてはいないのだと。握りしめた右拳が彼の悔しさを物語る。その悔しさは何に向けられたものなのか。 「信じるわ。この砦から、生き残れそうな人たちを撤退させて」 腕時計 カシオ 「そなたはどうする?」 「やるしかないわ。私達は、ああいうのとも戦ったことがあるし」 「とはいえ――」  ラーナが冷静に相手を見る。確かに魔王の相手はしたことがあるが、このような形の者は見たことがない。おそらくは黒の魔術士達が作り出したと考えられるが、そうなるとどれも一筋縄ではいかないのだろう。こちらは既に疲弊した状況で、未知の敵が多数。正直、かなり苦しいどころか今すぐにでも撤退したい場面である。  アルフィリースも同じ気持ちなのだろう。表面上強がってはいるが、昨日の戦いだけでかなり限界を迎えていた。表情がいまだに冴えないどころか、青くさえ見えた。 「(戦うのは正直自殺行為に等しい。アルフィ、本当にやるのですか?)」  ラーナが内心で思っていたが、アルフィリースは矢継ぎ早に指示を飛ばしていた。 「ターシャを空に飛ばして、退路を探して。退けそうな場所に、兵士達を誘導してもらうわ。ルナティカはファイファーの身柄を確保。雇い主に死なれては困るからね。フェンナ、ヴェンは戦えない者達を逃がして、オーリは半数を率いてこちらを援護。ロゼッタ、ライン、ラーナはこちらに続け」 「この状況で得体のしれない奴らとやり合おうというのか、健気だな」  ルイがふっとアルフィリースの方を見て笑った。その笑みは決して小馬鹿にしたものではなかったが、呆れてはいるようだった。 「そこまでこの依頼にこだわる理由も、クライアに対する縁故があるわけではなかろうに。なぜそうまでする?」 「こだわる理由はあるわ。昨晩戦ってみてわかったの、敵は着々と準備を終えつつある。もはや私達には、負けている暇なんてない。たとえそこが死地だろうと、私達には選ぶだけの猶予がないのよ。私はどんな不利な状況でも勝ち続けるしかないわ。それはルイ、きっとあなたも、いいえ、全員が同じことなのよ。ただ誰もわ http://www.925u.com

18.10.13 09:19, kommentieren

Werbung


安藤美姫の強化指定見送り

ないわ。逆に私から質問。もし私が相手の大将首や、拠点を攻略したら何を褒美にくれるの?」  アルフィリースの質問に、ざわと一同が揺れた。ファイファーの冷酷な目が、アルフィリースを射抜く。 バッグ レディース 「面白い女だ。我々の国家(クライア)では、戦時における略奪行為はたとえ雇い入れた傭兵であれ、自由にやってよいことになっている。もし城を落としたのなら、そこにある財宝は早い者勝ちだ。大将首を獲ったなら、報酬を倍にしてやる」 「乗った。気前の良い雇い主は好きだわ。契約成立よ、契約書を用意して頂戴」 「オズドバ、別室で用意してやれ。グランツ、少し残れ。作戦を確認する」 「はっ」  ファイファーの命令通り、オズドバという男がアルフィリース達を案内した。グランツと呼ばれた一際大柄な男はファイファーに何やら指示を受けている。  そしてオズドバはアルフィリース達を隣の部屋に案内すると、そこに用意してあった契約書にサインをさせた。サインは3名の連名式。そこにはファイファーの直筆は予め書いてあった。どのみち契約はするつもりだったのだろうが、アルフィルースは品定めをされたということか。そして最後にオズドバが確認の印章を押して契約成立となった。  契約書を書き終わると、オズドバが兜を脱いでアルフィリースに握手を求めた。 「改めて自己紹介させて頂こう。私の名前はオズドバ。ギュヌン辺境伯にして、この国では男爵位を賜っている。この軍では500人長になる。よろしく頼む、傭兵殿」 「クライアには男尊女卑の傾向が強いと聞いたけど、貴方はそうでもないのね」  アルフィリースは握手を交わしながら、素直な感想を述べた。オズドバは苦笑いをしながら返す。 「私も戦場に女が出てこなければ、と思っている人間だ。だが国によっては非常に優秀な女将軍がいると聞いている。そのような性差別の体質がこのクライアの遅れを助長するのだろうな。 財布 ブランド  それに、私もあまりそなたと地位が変わらん。元々は2万人程度の地主だったのだ。隣接する地主達の跡取りがいなかったため私がいくらか併合したところ、結果としてこの地位になった。あまり軍略とか、そういうものとは無縁でな。地元に帰って、のんびりと田畑を耕しているのが似合っている。ファイファー将軍やグランツ将軍とは人種が違うよ」 「ファイファー将軍は王家の縁戚だと聞いたけど?」 「耳が早いな、その通りだ。だがそれだけで総大将というわけでもない。実際にあの方は戦上手で有名だよ。グランツ将軍も軍人の家系だ。だが」  オズドバは声を潜めた。 「正直今回は相手が悪い」 「カラツェル騎兵隊?」 「そうだ」  オズドバは舌打ちした。 「奴らの練度は想像以上だ。ファイファー将軍は実際的だが、同時に誇り高い。どんなに有名でも所詮は傭兵だと思っていた。だが神出鬼没な奴らに、我々の軍はずたずたにされた。アルネリアが出てくる前にヴィーゼルの領地を切り取らんと、無理に北部の草原にまで兵を出したのがまずかった。たかが千五百の傭兵団に、五千の兵士が壊滅させられた」 「じゃあ今回は負け戦なのかしら?」 「私はそう思っているし、どこで和議を結ぶべきかというのがこれからの争点になるだろう。だがこのままではこちらの領土を切り取られかねない。それで引くに引けぬ状況になっているのだ。軍議も平行線だ。強硬派と和議覇でな。もっとも、ファイファー将軍にはまだ何か奥の手がありそうだが」  そこまでオズドバが言ったところで、部屋にはグランツが入ってきた。大柄なグランツはアルフィリース達をぎろりと睨むと、その手元にある契約書をひった http://www.dx376.com

17.10.13 08:35, kommentieren

Werbung


ヤンゴンのホテルで爆発 1人&#

魔術で焼け焦げる者や、あるいは逃走する者が続出した。  明かりがやがて落ち着くと、その光源に向かって魔女達が集結する。彼女達が集結した時には、その場には颯爽と佇むフェアトゥーセがいたのだった。そして、過剰なまでの光にさらされ、文字通り真っ白になったオシリアも。 オメガ オーバーホール 「フェア!」 「大丈夫ですか?」 「ええ、何とかね」  魔法にも等しい大魔術を行使し、疲労から汗をかくフェアトゥーセ。そんな彼女の元に駆けよるイングバルとドラファネラ。仲の良い三人を少し微笑ましく見守り、少し安堵の色を見せるスウェード。やや離れて見守る魔女達。  だがスウェードは年長者らしく、冷静にオシリアの様子を観察した。漆黒ともいえた髪色は白くなり、焼け焦げたように黒い欠片が剥げ落ちてきた。形が残っただけでも驚くことだが、もはや活動の兆候は認められない。あれほどあった邪気、邪念が根こそぎ消失しているのだ。これでは悪霊として成立し得まいと、スウェードは自らを納得させるように頷いた。  だが、そもそも悪霊とはなんなのか。スウェードはその意味について本気で考察をしたことはなかった。だが、それは白き魔女のフェアトゥーセですら同じであった。それはアルネリア教会ですら同じであったかもしれない。この事実についてもっとも考察をしていたのは、きっとドゥームとオシリアだったのであろう。  どこからともなく飛んできた鳥がオシリアの頭に留まりその髪を揺らした時、白く浄化された髪に隠れた瞳が外に出る。同時に、彼女の漆黒の瞳は確実にスウェードを捕えていたのだ。 オメガ 時計 中古  自分の顔に飛び散る肉と血を感じたのはフェアトゥーセだった。その目で、頭が潰れたククスの実のようになったスウェードらしきものを認識し、崩れ落ちる方向に一歩を踏み出そうとして、その脇腹に熱く鈍い痛みを感じたのは、きっと一秒にも満たない時間だった。 「はうあ?」 「ドラファネラ? 何をして――」 「?舞い踊る大地の刃(アースダンシング)?」  イングバルが疑問を言葉にするより早く、ドラファネラは容赦なくその魔術をイングバルに向けて放っていた。突如の出来事に基本的な防御魔術しか用意できず、大地から伸びる無数の刃に切り裂かれるイングバル。致命傷にならなかったのは、ただの偶然だった。  イングバルは自らがどのような傷を負ったかなど把握してはいない。それよりも、ただ一つの疑問が口をついて出た。血を流し、地に伏しながら、イングバルは呻くようにドラファネラに問いかけるのだ。 「ぐ、ううなぜだ? なぜだ!? ドラファネラ!」 「わかりませんか、イングバル? 貴女は闇に近づき、誰よりも深く考察をすべき存在であるというのに。あまりにフェアトゥーセとのおままごとのような友情、とかいうものにほだされ、どうやら魔女の本質を見失ったようですね」  憐れむように、ドラファネラが這いつくばるイングバルを見つめた。イングバルに歩み寄ろうとするドラファネラを、無意識にフェアトゥーセがつかんだ。必死に自らの足をつかむフェアトゥーセを見て、ドラファネラは何の感慨もなく魔術を唱えた。 「?突き上げる柱(アースピーラ)?」 「ぎゃあっ!」  勢いよく突き上げた地面にフェアトゥーセは腹を直撃され、悲鳴を上げた。突き上げられた体がくの字に曲げられ、彼女は宙を舞って地面に叩きつけられた。頭から落ちたことが良くなかったのか、今度のフェアトゥーセはぴくりともしない。その姿 http://www.i5mu.com

16.10.13 07:55, kommentieren

Werbung


太陽光発電、産業用は頭打

通り、盗賊達の拠点を襲撃していた。なぜそんな発想が出たのかと言うと、アルフィリースは最初の盗賊達の行動を見てあまりの手ごたえのなさにこれはおかしいと思い、本隊は別にいると考えたのだ。そのため盗賊団を襲撃した時、最初から怪しい動きをする連中がいればリサに報告をいれさせ、またエメラルドには空から観察をさせていた。  普段はぼやっとしているエメラルドだが、元々は狩猟民族。こと戦闘に関して手抜かりはないし、非常に目ざとい。リサよりも早くおかしな動きをしている者に目をつけ、その連中の後を尾(つ)けた。彼らはオブレスが念のため放っていた自分の腹心でもある監視役だったが、結果としてそれは仇となり、そしてエメラルドは見事に盗賊団の真の拠点を発見したのである。nixson 時計  そこには当然彼らが今まで奪った財宝が溜めこんであり、アルフィリースは最初からそこに目を付けていたのである。アルフィリースは最初から依頼だけのはした金で終わらせるつもりはない。彼らがしこたま溜めこんだ財産があれば、根こそぎ頂こうと狙っていたのである。もちろん状況次第では全てを頂くつもりはなく、ある程度口止めを含めてギルドに返還するつもりであった。だが全額を返還するつもりは毛頭ない。それらの財宝が誰からもぎ取られたかなど知ることは不可能であるし、よしんば全てを返還したとしてそれらが正しく分配されるわけがないと、世間知らずのアルフィリースですら思ったからだ。  それならばせめて、自分達の仲間のために使わせてもらおうというのがアルフィリースの考えである。ロゼッタはその考えに激しく同意し、アルフィリースの言うままに行動を移した。さすがに本拠にいた盗賊やその他の兵士は腕の立つ者が多かったが、ロゼッタや魔術を駆使するラーナの敵ではなかった。 「残党はいない。誰も打ち漏らしてはいないようだ」 「予め簡易の結界を拠点に張ってからの突入でしたから。逃げた者がいれば私が気付くでしょう」 「魔術ってのは便利だな。リサの様なセンサーがいないと不便だと思ったが、意外に何とかなる」  ロゼッタの言葉にエアリアルが頷く。その言葉にラーナは優雅に笑顔で返した。 「お褒め頂き光栄です」 「まああの攻撃魔術はえげつねぇけどな」nixon magnacon 「ああ」  ロゼッタとエアリアルはラーナの攻撃魔術を思い出す。空中に出現する闇色の蛇。その蛇を使って敵を追い詰めるラーナの楽しそうな笑顔と言ったら、それはなんとも言えず恐ろしい物だった。蛇が敵兵の股間に噛みついた時など、思わず味方までもが股間を押さえてしまったものだ。だがその時のラーナの笑顔と言ったら、まさに最高にうっとりとしていたのである。 「そんなにえげつなかったでしょうか? 私としては控えめにやったつもりでしたが」 「頼むから全開で暴れないでくれ」 「う、うむ」  ラーナのくったくのない笑顔に、ロゼッタとエアリアルは頭を悩ますのであった。  だがこの場にセンサーがいないのはやはり痛手であった。確かに襲撃時に逃げた者は一人もいなかったが、この本拠が定期的に連絡を出していることをロゼッタ達は気が付かなかったから。定期連絡が来なくなったことがすぐにオブレスに知れることなど、彼女達は思いもしない。  と、そこにターシャが空から天馬を下してくる。 「南から誰かが来るわ。結構な松明の数よ」 「あぁん? こんな場所にかよ。まさかここに来るのか?」 「そのようね。整然と並んでくる所を見ると軍隊かも」 「軍隊が夜に来るかよぉ。総員配置につきな、必要とあらば迎撃するよ! エアリー、ラーナ、どうする?」  ロゼッタはど http://www.uj1s.com

15.10.13 07:30, kommentieren

Werbung


ドコモ 復活のカギはガラケ

どの美貌。その女が黒と黄金の大剣を二つ携え、こちらに悠然と歩いて来るのだった。もちろん、足元に横たわる鬼の死体を踏みにじりながら。 「さすがに鬼は木の葉の様にはいかぬか」プラダ 公式  女性がゆっくりと口を開く。その言葉に鬼達ははっとし、彼女を一斉に取り巻いた。だがここで彼らが飛びかからなかったのは、鬼達とても恐怖と得体の知れなさを彼女に感じたからか。  女を取り囲み見守るだけの彼らであったが、黄剛だけが前に一歩踏み出した。既に左腕を失った事は、頭の中からなくなっていた。それほど、目の前の女の正体が気にかかったのである。 「女、貴様は何者だ? 先ほどの一撃は貴様か?」 「後の問いから先に答えよう。まぎれもなく私がやったことだ」  女の答えに鬼達がざわつく。さしもかれらも、目の前の華奢な女性が先ほどの様な一撃を放てるとは思っていなかったのだ。いや、直感で彼女の強さを感じとる者はいても、目の前の光景は信じられないものだった。  さらに女は語る。 「先の問いにも答えようか。我が名はティタニア、ただの剣士だ。それ以上も以下もない。ただ私を倒した者には、これ以上ないほどの栄誉が名実共に贈られることだろう」 「戯言を。考えれば貴様が何者かは関係ない。少なくとも戦場にあらわれた以上、我らが貴様を生かして返すと思うのか?」 「気持ちだけでは何もできぬ。実力の伴わぬ脅し文句など、惨めなだけだ」 「何ぃ?」  黄剛がティタニアに掴みかかろうとしたその刹那。彼女を包囲していた鬼達の一部が殴り飛ばされ、いや、吹き飛んだ。と、共に聞こえてきたのは、男の豪快な笑い声。 「ばーははははっはぁ! 強い奴はどこだぁ!」 「今度は何だ?」 「まったく、相も変わらず騒がしい」バッグ 人気  事態の変化に戸惑う黄剛と鬼達に、ため息をつくティタニア。そして吼えるのは、もちろんドラグレオ。 「おお、ティタニア! ここにいたか!」 「いて悪いか」 「いや、いや。まったく悪くないぞ! ガハハハハ!」 「なぜそこで笑う。まったく、訳のわからん奴だ」  まさに美女と野獣といった様相の二人のやりとりを、鬼達は大人しく聞いていた。一見他愛のない話をしているように見えるが、それでも彼らの圧力は鬼達をその場にとどめるのに十分であった。それが彼らの死を先延ばしにするだけという結果を、彼らが勘づいていたとしても。  そしてティタニアの鋭い目線と、ドラグレオの貪欲な目線が、同時に鬼達に向けられる。 「「さて、と」」  全く気も性格も合わぬ二人だが、戦う者としての息だけは完璧に合うらしい。互いに背中合わせに構えた彼らだが、その瞬間黄剛がドラグレオに飛びかかっていた。これが唯一の隙だと、彼は読んだのだ。 「オオオ!」 「ぶぐぉっ!」  黄剛の右腕はドラグレオの顔面を正確に打ち抜いていた。黄剛はドラグレオの方を与し易しと見て飛び込んだのだ。もちろんドラグレオに一撃を放った瞬間、女剣士に切り捨てられる可能性もあった。その前に拳そのものが届かない可能性も。  だが、ティタニアは黄剛に見向きもせず、ただその場に佇んでいた。いや、それだけではない。いつの間にかティタニアの足元には、切り取られたはずの黄剛の左腕が置いてあるのだ。目に入った予想外の出来事に黄剛はドラグレオに追撃するのも忘れ、その場に佇んでしまった。 「なぜ、俺の腕がここ」 「良い腕だ」  黄剛の言葉はティタニアに遮られた。彼女は黄剛 http://www.dx376.com

14.10.13 05:25, kommentieren

Werbung


スギちゃんボルト抜く あす

ん」  さきほどとはうって変わって完全に落ち着き払ったマイアがいた。こうしていると、非常に落ち着いた雰囲気のある女性である。たださきほどの癇癪を見てしまったあとでは、いかんせん鵜呑みにはできないとアルフィリースは頬杖をつきながら思うのだった。  アルフィリースが椅子にもたれかかりながら、やや気だるそうにマイアを見る。アルフィリースにしてみれば単に厄介事を持ち込んだという意味では、真竜であろうと街のごろつきだろうと大して変わらないのだが。真竜にここまで不遜な態度を取ることができるのは、大陸広しといえどもアルフィリースくらいであろう。もっとも、真竜は人間の態度などを気にかける生き物ではないので、無礼だとか不遜だというのは人間らしい感覚でもって真竜を解しているにすぎない。そういう意味ではアルフィリースの態度は彼女らしく、また非常に自然ではあった。ヴィトン コピー 「で、その真竜が何の用かしら」 「はい。要件は3つ。一つはこの不肖の姪、ラキアを捕まえに来ました」  マイアが隣で正座しているラキアの頭に手を置く。にこにこしているマイアと対照的に、とても落ち込むラキア。 「もう一つは兄であるグウェンに会いに」 「待って。グウェンと貴女は兄弟なの?」 「血を分けた、という意味では違いますが、兄弟の様に育ちました。グウェン、サーペント、私の順に3兄弟のように育てっています」  マイアが自分の胸に手を置きながら答えた。その言葉にアルフィリースも納得する。 「そして今一つは、イルに会いに」 「イルに?」  意外な言葉にアルフィリースが驚くと同時に、寝ていたイルが二階から降りてくる。 「う~、イルを呼ぶのはだぁれ?」 「イル?」 「貴女がイルマタルね?」  マイアは自分の腰ほどの背丈のイルマタルと目線を合わせるようにしゃがみこむ。 「初めまして、私はあなたの叔母にあたる真竜のマイアです。『天空竜』と他種族には呼ばれているわ」ブランド コピー 激安 「ふーん?」  イルマタルはとりあえず返事をしたものの、よくわからないといった顔でマイアとアルフィリースを見比べていた。どうすればいいかアルフィリースの顔色をうかがっているのだが、アルフィリースとてどうしたものかはわからない。そういって困惑するイルマタルを見ながら、マイアは優しく微笑んだ。 「混乱させたかしら? 無理もないわね。でも今日は貴女にお話があって来たの」 「おはなしー?」 「そう。イル、貴女、一度真竜の里に帰る気はない?」  その言葉にグウェンドルフとアルフィリースがただならぬ顔色をする中、一番反応が早かったのはイルマタルであった。アルフィリースの元へ駆けていくなりその体にしがみつき、涙を眼に浮かべてアルフィリースの後ろに隠れてしまったのだ。そして抗議の声を上げる。 「ママ! この人、人攫いだ!」 「違いますよ、イル。この場合『竜攫い』が正しい表現でしょう」 「じゃあ竜攫いだ! ママ、この人追っ払おうよ!」  リサが余計な茶々を入れる中、イルマタルはアルフィリースの陰に隠れながら「イー」をしてマイアを威嚇していた。  そんなイルマタルを見ながら、マイアは多少困惑したような、悲しそうな顔をして彼女を見つめるのだった。 「グウェン、困ったわ。話には聞いていたけど、本当にイルマタルはアルフィリースを母親と認識しているのね?」 「その通りなんだ。確かに困ったことだね。私の手違いだから、どうかアルフィリースやイルマタルを責めないでやっておくれ」 「ええ、その心配は無用だと言っておくけども、妹になんて説明しようかしら?」  マイアが http://www.ansnbj.com

11.10.13 11:43, kommentieren

Werbung


米長官"対テロ直接行動とる"

密裏にムスターを消したかったのだろうな。優秀すぎるのも考えものだ、兄弟に妬まれるとはな」 「だが、彼は生き残ったぞ?」 「そこなんだ。最初から消したかったのなら話は簡単だが、やはり王子を消すのは一大作業だからな。そこで、ここは詳しい者に聞こうかと思ってな」  その時戸を叩く者がおり、ラインが返事をすると扉の向うからは娼館長が入って来たのだった。ケイトスペード レインブーツ 「おやライン、アタシがこんなところに来ても邪魔なだけじゃないのかい?」 「いやいや、二人まとめてでもいいんだぜ、俺は」 「あら、乗り気じゃないのさ。じゃあ今夜は久しぶりに複数で盛り上がるかい?」 「と、いきたいところだが先に聞いておきたいことがある。毒使いの専門家であるお前にな」 「!?」  娼館長の顔がにわかに曇る。 「ラインアタシはそっちの道からは足を洗ったんだ。もうその話はよしておくれよ」 「だが知識は錆びついてないだろ? 元々は暗殺者のお前が下手打ったところを助けたのは俺だ。忘れたとは言わさねぇ」 「わかったよ。まあアタシも、あんたのそういうあくどい所が気に入っているんだけどね。で、何が聞きたい?」  娼館長はため息をつきながら壁に身を預け、腕を組む。その顔にはいつもの少し皮肉屋の表情はなく、目は鋭くラインを見据えていた。 「もちろん毒についてだ。命に別状はなく、人間の知能や外見をだけ侵すような毒はあるか?」 「ものにもよるけど、あるにはあるさ。ただ配合が難しいし、命は無事でそういった障害を起こすようなものとなると、使える奴が限られる。実際にはほとんど運任せになるだろうね。そんな事を聞くなんてどういうことさ?」 「実はな」  ラインはムスターの事を話す。娼館長は真剣にその話を聞いていたが、やがて納得がいったのか、彼女の方から話しを始めた。 「なるほど、脳を侵して、外見だけでなく骨にも異常をきたしているだろうね。そいつはウンブラの毒の後遺症だね。けどウンブラってのはちょっとでも量を間違えると死んじまう。普通は殺したい対象に用いるものさ」 「そうなると命はなくてもよかったって事なのか? いや、それはそれで大騒ぎだろうしまあそれはいいか。ところで、そういった毒を盛られた奴が何十年も経ってからの解毒ってのは可能なのか?」 「無理だね。ウンブラの恐ろしい所は解毒が効かない所さ、体の中から出て行かないんだよ。魔術なら早期であれば解毒が可能らしいけど、1日も経ってしまえばもう無理だ」 「なるほどな、じゃああのムスターは偶然の産物ってことか」 ベネトン レインブーツ  ラインが腕組みをして考え始める。 「それならそれで疑問があるな」 「なんだい?」 「いや、こっちの話だ」  ラインはふと思いついた疑問を娼館長に話すのはやめた。これはおいそれと話すことではないと思ったのだ。ラインの中で考えがまとまっていない事もあるが、それ以上にこれを話すと引っ込みがつかなくなる気がしたのだ。娼館長を巻きこみたくないとラインが考えた結果でもある。  ラインは思いつくまま、話題を変えようとする。 「にしてもえげつないことしやがるな。実の弟に毒を盛るなんざ」 「貴族の権力争いなんてそんなものさ。アタシだって現役の時はいかほどそんな雇われ方をしたかわかったものじゃない」 「そういや聞いたことが無かったが、なんで現役を退いたんだ?」  ラインが素直な疑問を娼館長にぶつける。彼女は嫌な顔をしながらも、正直に胸の内を吐露した。 「アタシは通常、毒の調合だけで現場には出向かない類いの暗殺者だった。現場に行けば危険が伴うしね。でもその時は現場で調 http://www.releaseshopassemblesjp.com/

10.10.13 04:59, kommentieren

Werbung